Translations by NIIBE Yutaka

NIIBE Yutaka has submitted the following strings to this translation. Contributions are visually coded: currently used translations, unreviewed suggestions, rejected suggestions.

150 of 1991 results
~
Note: old default options file '%s' ignored
2018-06-14
注意: 以前デフォルトだったオプション・ファイル'%s'は、無視されます
~
error reading from %s: %s
2016-04-01
'%s'の読み込みエラー: %s
~
can't create temporary directory '%s': %s
2016-04-01
一時ディレクトリ'%s'が作成できません: %s
~
Note: old default options file '%s' ignored
2016-04-01
*注意*: 以前デフォルトだったオプション・ファイル'%s'は、無視されます
~
error writing to %s: %s
2016-04-01
'%s'の書き込みエラー: %s
~
error closing %s: %s
2016-04-01
'%s'でクローズのエラー: %s
~
select failed: %s
2013-06-07
select が失敗しました: %s
~
could not create pipe: %s
2013-06-07
パイプが作成できませんでした: %s
~
pty read failed: %s
2013-06-07
pty read が失敗しました: %s
~
using certificate ID 0x%08lX
2013-06-07
証明書 ID 0x%08lXを用います
~
read failed: %s
2013-06-07
read が失敗しました: %s
~
no --program option provided
2013-06-07
--programオプションが指定されていません
~
no --keyfile option provided
2013-06-07
--keyfileオプションが与えられていません
~
only --decrypt and --encrypt are supported
2013-06-07
--decryptと--encryptだけがサポートされています
~
encryption modus
2013-06-07
暗号方式
~
could not open %s for writing: %s
2013-06-07
%sを書き込みでオープンできませんでした: %s
~
could not create pty: %s
2013-06-07
ptyが作成できませんでした: %s
~
could not fork: %s
2013-06-07
fork できませんでした: %s
~
cannot allocate infile string: %s
2013-06-07
infileの文字列が確保できません: %s
~
decryption modus
2013-06-07
復号方式
~
error reading from %s: %s
2013-06-07
「%s」の読み込みエラー: %s
~
child aborted with status %i
2013-06-07
子プロセスがステイタス %i で中止されました
~
cannot allocate outfile string: %s
2013-06-07
outfileの文字列を確保できません: %s
~
no class provided
2013-06-07
クラスが与えられていません
~
%s on %s aborted with status %i
2013-06-07
%s (%s の)がステイタス%iで中止されました
~
error writing to %s: %s
2013-06-07
「%s」の書き込みエラー: %s
~
error closing %s: %s
2013-06-07
「%s」でクローズのエラー: %s
~
cannot allocate args vector
2013-06-07
引数ベクタが確保できません
~
execv failed: %s
2013-06-07
execv が失敗しました: %s
~
class %s is not supported
2013-06-07
クラス%sはサポートされていません
~
either %s or %s must be given
2013-06-07
%s か %s のどちらかが与えられる必要があります
~
%s on %s failed with status %i
2013-06-07
%s (%s の)がステイタス%iで失敗しました
~
@ Commands:
2013-06-07
@ @コマンド:
~
Syntax: symcryptrun --class CLASS --program PROGRAM --keyfile KEYFILE [options...] COMMAND [inputfile] Call a simple symmetric encryption tool
2013-06-07
形式: symcryptrun --class CLASS --program PROGRAM --keyfile KEYFILE [オプション...] COMMAND [入力ファイル] シンプルな共通鍵暗号ツールを呼び出す
~
Usage: symcryptrun [options] (-h for help)
2013-06-07
使い方: symcryption [オプション] (ヘルプは -h)
~
input file name (default stdin)
2013-06-07
入力ファイル名 (デフォルト stdin)
~
secret key file (required)
2013-06-07
秘密鍵ファイル (必須)
~
program filename
2013-06-07
program [ファイル名]
~
waitpid failed: %s
2013-06-07
waitpid が失敗しました: %s
~
tool class (confucius)
2013-06-07
ツール・クラス (confucius)
1.
failed to acquire the pinentry lock: %s
2013-06-07
pinentryのロックの獲得に失敗しました: %s
2.
|pinentry-label|_OK
2013-06-07
|pinentry-label|_OK
3.
|pinentry-label|_Cancel
2016-04-01
|pinentry-label|キャンセル(_C)
2013-06-07
|pinentry-label|_キャンセル
4.
|pinentry-label|_Yes
2016-04-01
|pinentry-label|_Yes
5.
|pinentry-label|_No
2016-04-01
|pinentry-label|_No
6.
|pinentry-label|PIN:
2013-06-07
|pinentry-label|PIN:
7.
|pinentry-label|_Save in password manager
2016-04-01
|pinentry-label|パスワードマネージャに保管(_S)
8.
Do you really want to make your passphrase visible on the screen?
2016-04-01
本当に画面にパスフレーズを見えるようにしますか?
9.
|pinentry-tt|Make passphrase visible
2016-04-01
|pinentry-tt|パスフレーズを見えるようにする